賃貸経営のリスクを減らす

貸主にも借主にもメリット

お金

賃貸経営をする上で一番のリスクと言えば、借主がきちんと家賃を支払ってくれるかということです。せっかく入居してくれても、決められた期日に家賃を払ってくれないとなるとオーナーとしては大打撃です。特に近年増えているローンを使って収益物件を購入しているオーナーとなると、家賃収入が途絶えてしまうとローンが払えなくなり、賃貸経営がすぐに立ち行かなくなります。このリスクを軽減してくれるシステムが家賃保証です。家賃保証は、家賃滞納がおこったときに保証会社が代わりに家賃を立て替えてくれます。このシステムがあるおかげで、ローンを滞納しなくて済みますので安心して賃貸経営を行うことができます。また、保証会社が取り立ても行ってくれるのでトラブルに巻き込まれるリスクも軽減するため人気があります。

安定した賃貸経営を実現

家賃保証を利用することによって、賃貸物件を利用する入居者にとってもメリットがあります。それは、部屋を借りる時に自分で連帯保証人を探す必要がないということです。保証会社が連帯保証人の代わりになってくれますので、安心して借りることができます。現代社会では、連帯保証人を探すことは大変になってきていますのでこのシステムは今後も支持されていくでしょう。また、家賃保証を利用している物件から選びたいという入居者も増えてきています。そのため、家賃保証を利用していることは入居者募集にも大きなメリットになります。現在では、様々な家賃保証を行う管理会社がありますので、物件に一番合う管理会社を選ぶことで、より安心して賃貸経営ができるようになります。