賃貸オフィスの基本《会社を持つなら知っておくべき事》

会社を持つなら

普段からよく耳にする言葉でも使い方や意味が異なることがあるので、どういったシチュエーションで使われているのか把握しておくと良いでしょう。そうすれば、恥をかくことがありません。

言葉の違い

起業

会社を自分で立ち上げる際に使うのが起業という風になっています。正しい使い方としては、「会社を起業する」というのが一般的とされているので、そういった機会があるなら使ってみると良いでしょう。

独立

元々会社に勤めていて、知識や技術が身に付いた頃に退社をして自分の会社を持つことを独立といいます。他にも、音楽業界など師匠がいて、その方の指導を受けることなく仕事をもらう場合にもこの言葉を使うことができます。

賃貸オフィスの基本《会社を持つなら知っておくべき事》

オフィス

契約時に必要な書類

基本的に賃貸オフィスを契約する際には登記薄謄本、会社概要、印鑑証明書を揃えなくてはなりません。そして、審査が厳しいところになりますと、損益計算書や貸借対照表が要ることもあるので、事前に不動産会社問い合わせておくと良いでしょう。

オフィス

契約期間

マンションやアパートなどと同じように賃貸オフィスの契約期間は2年間となっているところが多いです。契約を更新したい場合は、再契約をすることもできますし、一カ月前に申請しておけば解約をすることも可能です。

社内

更新料の有無

賃貸オフィスの契約をそのまま続行する場合には更新料を期限までに支払わなくてはなりません。だいたい、賃料の1カ月分であることがほとんどですが、中には高くなっているものもあるので、注意しましょう。

オフィス

原状回復について

物件を借りて解約する場合は借りた時よりも汚れたり、壁や床などに傷がついたりするものです。そして、賃貸オフィスに至っては、原状回復は借主側に責任があるとされているので、できるだけオフィスは綺麗に使うようにしましょう。

広告募集中