収益を上げる不動産投資法

周辺環境のリサーチが重要

不動産

不動産投資で重要なのは、購入するアパートやマンションの周辺地域のリサーチです。入居率の良いマンションなどがあれば、投資の対象としては有望株です。リサーチで注意する点は、役所などにいって今後の開発状況などを調べることです。現状は有望株でも、周辺にある企業や大学が移転してしまうと入居率はダウンします。そのような地域はなかなか入居率を回復できないのです。それとは逆に大企業や大学の誘致が計画されている場所なら、将来性があります。投資に踏み切る前にもう一つチェックしておきたいのは、家賃相場です。現状では入居率が良いマンションでも、周辺の家賃相場よりも高い家賃を設定すると徐々に空き家が増えていきます。そうならないためには適切な家賃相場を見極めることが必要です。ネットを利用すれば最新の家賃相場を知ることができます。

投資会社というパートナー

アパートやマンションを一棟丸ごと投資する場合、大事なのはパートナー選びです。パートナーというのは投資会社のことです。主にマンションの管理運営を代行してくれますが、アパートやマンションを購入するための融資などを行う所もあります。良いパートナーとなってくれる投資会社を選ぶコツは、実際にどのくらいの契約を結んでいるかを調べるのです。多くの物件と契約を結んでいる投資会社なら、良いパートナーになってくれます。多くの物件と契約を結んでるのは人気のある証拠です。人気のある投資会社というのは管理や保守点検なども手際よくやってくれるので、居住者からの信頼も厚くなります。また管理がうまいとマンションなどの資産価値も高くなります。